• 実店舗への集客コンサルティングを中心に活動しています。

私の想い

「つくづく、もったいない!」そうとしか言いようのないことが、コンサルティングの現場では頻繁に起こります。

 世の中には、自らが扱っている商品・サービスがお客様にとってどのくらい魅力があるのか、過小評価してしまっている経営者がたくさんおられます。中には、「オンリー・ワン」「日本一」と堂々と名乗れるはずなのに、そのことに全く気づいていないというケースさえあります。

 そして、商品・サービスの魅力を理解していても、それをうまく「伝える」ことができていない経営者は更に多く存在します。「つくづく、もったいない!」。

 私はサラリーマン時代、理屈で説得して売るという営業スタイルが全く通用しない経験をしています。苦し紛れに読んだマーケティングの入門書から、人間は理屈ではなく「イメージ」で動くことを学びました。そして、「相手の脳に鮮明なイメージを刻み込んで売る方法」を必死で考えました。そうして得られたノウハウは、集客コンサルの現場で「商品サービスの魅力」を伝える技術として活かされています。

 今、日本はチェーン店の看板ばかりが目立つようになり、その傾向はますます顕著になるばかりです。私は、せっかく魅力的な商品サービスを持ちながら、それを集客に結びつけることに苦労している企業を応援することで、チェーン店以上に魅力を発信する地元店舗が日本中どこでも見られるようになることを夢見ています。