• 実店舗への集客コンサルティングを中心に活動しています。

プロフィール

経営コンサルタント・中小企業診断士

1968年緑茶の産地、京都府宇治市に生まれる。実家は日本茶販売店。店舗兼住宅という環境で商売とはどのようなものかを肌で感じつつ育つ。ちなみに妻は茶農家の出身。

同志社大学法学部卒。 最後のバブル採用世代として化学メーカーに就職。組織内で挫折を繰り返しつつ新規事業開発部門で営業を担当することになるもどう売っていいのかわからない。苦し紛れに読んだマーケティングの入門書に書いてあるとおり、販促ツールを作って営業してみたらこれが大当たり。

「新規顧客を獲得するための仕掛け作り」のおもしろさにはまり、この仕事を続けるには独立しかないと中小企業診断士の資格を取得し、コンサル会社で経験を積んでから2004年にケイ・コンサルティングサービス設立。

相談企業500社。経営計画書700件を精査。特に集客(新規顧客開拓)に注力。色彩心理学、販売心理学、認知科学を活用して「看板」「のぼり旗」「タペストリー」といった販促ツールを活用して集客コンサルに定評がある。

独自開発した「お店の見た目チェックシート」は店舗の集客力を診断するチェック項目が100以上あり、店舗の課題が明らかになるとクライアントから好評。

好きなことは経営者との会話・サイクリング・一輪車・ジャズ鑑賞など。最近は小学一年になる娘と一緒に一輪車に乗るのが楽しみ。