• 実店舗への集客コンサルティングを中心に活動しています。

konishi masanobu 投稿一覧

ソ連とロシア~民族のDNA~

 太平洋戦争末期の1945年8月。当時のソ連が日ソ中立条約を破棄し、日本との戦争に踏み切った。日本軍の死者は8万人。民間人の死者が25万人。57万人が捕虜となり、シベリアに抑留され強制労働させられた。多くの日本人女性が強 ...

続きを読む

期間限定のスイーツ

 期間限定のスイーツをネットで検索すると、ブランド力のある原材料(とちおとめ、あまおう、丹波黒豆、鳴門金時など)を使ったものが多い。中には「〇〇農園産△△を使った~」というものまであります。  ブランド力のある原材料を使 ...

続きを読む

トップの決断~ロシアのウクライナ侵攻を考え~~

ロシアのウクライナ侵攻について、岸田総理の意志決定が遅すぎるとする批判記事を読みました。 「ロシア=悪、ウクライナ=善」だからウクライナへの人道支援をするべきだ、という考え方がこの記事の根底にはあるようです。軍事支援では ...

続きを読む

ロシアのウクライナ侵攻に思う

 インターネットで調べたらロシアの世界GDPランキングは11位。10位の韓国に及ばないくらいの経済規模でした。そんなロシアが世界を相手に大立ち回りを演じ、核兵器で脅しをかけているのですから驚きです。世界というのは軍事力が ...

続きを読む

ONKYO子会社の破産に思う

音響メーカーのONKYOの子会社2社が破産しました。 私はONKYOのネットワークCDレシーバーを5年ほど前に購入しました。徐々にCDの読み込みが悪くなってきたので修理に出そうとしたら「コロナ禍による部品不足でしばらく修 ...

続きを読む

「あるはずのものがない」ことに気づく

「なかったものがある」ことに気づくのはよくあること。「新しいお店ができた」というのがわかりやすい。 だが、「あるはずのものがない」ことに気づくのは難しい。 この冬、公園の横を通るときに「何か足りない」と思っていたけどよう ...

続きを読む

新型コロナウイルス感染症とワクチンの関係を考える

新型コロナウイルス感染症に関する統計データを毎日見ています。幸いなことにオミクロン株に感染しても重症化するリスクは少ないようで、このまま収束に向かってくれることを期待しています。 新型コロナウイルス感染粧に関する統計情報 ...

続きを読む

「反論の技術―その意義と訓練方法(著:香西秀信)」を読んで

「議論の能力を高めるためには、反論の技術を身につけるだけで十分である」という刺激的な書き出しで始まる良著。「反論」こそが知的活動そのものであることを教えてくれます。 私は「反論」という言葉に、「言いがかり、対立を生み出す ...

続きを読む

専門家とは何か~新型コロナウイルス感染症~

新型コロナウイルス感染粧について様々な肩書きを持った「専門家」が様々な情報を発信していますが、人によって言うことが違います。「専門家」なのになんでこうも違うのでしょう。 中国の武漢から新型コロナウイルスが世界に拡がってち ...

続きを読む

トランペット教室に通っています

昨年、8月より京都市内のトランペット教室に通っています。レッスンは月2回。「六十の手習い」ならぬ「五十の手習い」です。新しいことに挑戦するというのはいくつになっても新鮮です。 さて、トランペット教室ではレッスンで与えられ ...

続きを読む

「考える力」と「辞書を引く習慣」

「辞書を引く習慣」が「考える力」の土台となります。「辞書を引く習慣」なしには「考える力」は育ちません。 なぜなら人は何かを考える際に必ず言葉を使うからです。辞書を引いて単語の意味を正確に理解しているからこそ、頭の中で正確 ...

続きを読む

ピアノ教室が与えてくれるもの~音楽教育のメリット~

半年前から娘をピアノ教室に通わせています。当初、「音楽が好きになって欲しい」くらいの気持ちでした。あわよくば中学校に進学したときに吹奏楽部に入って青春を謳歌して欲しいなんてことも考えていました。   その程度の目的でピア ...

続きを読む