• 実店舗への集客コンサルティングを中心に活動しています。

ロシアのウクライナ侵攻に思う

 インターネットで調べたらロシアの世界GDPランキングは11位。10位の韓国に及ばないくらいの経済規模でした。そんなロシアが世界を相手に大立ち回りを演じ、核兵器で脅しをかけているのですから驚きです。世界というのは軍事力がものを言う世界なのだと痛感させられます。

 世界にはロシア、中国、北朝鮮といった独裁国家が存在しますが、どの国も軍事力を重視しています。民主的に選ばれていない者が権力を握り続けるには軍事力という暴力装置が必要であり、暴力装置を後ろ盾に権力を維持している以上、国内外を問わず「なめられるわけにはいかない」というのが本質なのではないでしょうか。なんだかヤクザの世界みたいです。

 問題は「なめられるわけにはいかない」となると、損得抜きの行動をせざるを得ない状況に陥る可能性があるということです。ウクライナへの振興がロシアにとってマイナスの結果しかも垂らさないとしても、泥沼になるまで戦いが続くかもしれません。

 ウクライナの人々は本当に気の毒ですが、今回のロシアの軍事行動が世界規模の戦争に発展しないことを祈ります。