• 実店舗への集客コンサルティングを中心に活動しています。

新型コロナウイルス感染症とワクチンの関係を考える

新型コロナウイルス感染症に関する統計データを毎日見ています。幸いなことにオミクロン株に感染しても重症化するリスクは少ないようで、このまま収束に向かってくれることを期待しています。

新型コロナウイルス感染粧に関する統計情報について不思議に思うことがあります。

それはワクチンを接種した後になんらかの健康被害を被った人の統計情報が公開されていないことです。ワクチンを接種したことと、その後の後遺症と思われる症状の間にある因果関係を証明できないことがその理由とされています。

その理屈で考えると、[「ワクチンを摂取したことによって新型コロナ感染症に感染を防げたこと」も証明できないのだから、ワクチンに感染予防効果があるか判断できないはずです。

ところが、メディアの情報では、統計情報からワクチンの接種状況と感染者数の増減を分析比較して「ワクチンは効果あり」と結論づけています。

ワクチンの感染予防効果は統計で判断できるけど、ワクチンの健康被害については統計で判断できないとするのであれば、その理由は何なのでしょう。

そもそも、新型コロナウイルスの感染者数の推移は毎日インターネットで公開されています。感染者が特定されているのですから、感染者のワクチン摂取情報を分析することは容易なはずです。

「本日の感染者数は〇人、そのうちワクチン接種者は〇人、非摂取者は〇人」という数字と国民のワクチン接種に関する統計を比較すれば、ワクチンの効果がどの程度あるのかはすぐに分析できます。この情報こそが国民の必要とする情報のはずです。

あるはずの情報がすっぽり抜けているといことに、違和感を感じます。