• 実店舗への集客コンサルティングを中心に活動しています。

ピアノ教室が与えてくれるもの~音楽教育のメリット~

半年前から娘をピアノ教室に通わせています。当初、「音楽が好きになって欲しい」くらいの気持ちでした。あわよくば中学校に進学したときに吹奏楽部に入って青春を謳歌して欲しいなんてことも考えていました。

  その程度の目的でピアノを習わせたのですが、気づいたことがあります。ピアノ教室に通うことで得られる最大の恩恵は「本当の自信を手に入れること」だということです。

  ピアノに限らず楽器の習得をする上で欠かせないのが反復練習です。一生懸命努力して、何度も繰り返し練習することで技術的な壁をひとつひとつクリアします。そうすることで手も足も出なかった曲がいつの間にか弾けるようになります。ちいさな壁、大きな壁に立ち向かい、乗り越えていくうちに気がつけば「こんな曲、自分には弾けるわけがない」と思っていたのが嘘のように弾けるようになっている。

  このような少々の困難があってもこつこつと逃げずに取り組めばいつかは乗り越えることができるという体験は、「何かあっても大丈夫。自分なら乗り越えられる」という自信を育みます。

  ピアノがすばらしいのは、勝ち負けを競うスポーツなどと違って相手を必要としないことです。向き合うのは曲であり、他人ではないことです。たとえ技術の進歩が止まっても、新しい曲に取り組むことは「挑戦」であることに変わりはありません。

 「自分ならできる」という根拠のない自信こそが「挑戦」への原動力であり、生きる力そのものです。

  ピアノ教室に通うのは長くても高校生くらいまででピアノを弾かなければ技術は衰えますが、身につけた「自信」は一生の宝として自分の中に存在し続けます。

 ピアノを初めて半年しか経っていない娘ですが、あと3~4年くらいは続けて欲しい。