ウインザー効果(クチコミ心理学)

 ウインザー効果とは「当事者からの評価よりも第三者からの情報は信頼されやすい」ということを表す心理学用語です。

 ダイエットサプリメントの広告には必ずといっていいほど、「この商品で○キロ痩せました」という第三者のコメントが画像つきで紹介されています。第三者のコメントといっても広告ですから、販売元の意向が強く働いていることは誰にでもわかります。しかし、それでもウインザー効果は影響力を発揮します。

 我々はどうしても第三者の言葉を信頼してしまいがちなのです。その効果はポジティブな評価とネガティブな評価、どちらにも作用します。

 もちろんインターネットのクチコミにもウインザー効果は働きます。広告と異なり、企業がクチコミを直接コントロールすることはできません。しかし、消費者の情報発信力がますます強まっています。企業にはクチコミをマネジメントする努力が求められています。

konishi masanobu

konishi masanobu について

「つくづく、もったいない!」そうとしか言いようのないことが、コンサルティングの現場では頻繁に起こります。 世の中には、自らが扱っている商品・サービスの魅力がよくわかっていな経営者がたくさんおられます。堂々と「オンリー・ワン」「日本一」と名乗れるはずが、そのことに全く気づいていないというケースさえあります。  商品・サービスの魅力を理解していても、それをうまく「伝える」ことができていない経営者は更に多く存在します。「つくづく、もったいない!」。  私はサラリーマン時代、理屈で説得して売るという営業スタイルが全く通用しない経験をしています。苦し紛れに読んだマーケティングの入門書から、人間は理屈ではなく「イメージ」で動くことを学びました。そして、「相手の脳に鮮明なイメージを刻み込んで売る方法」を必死で考えました。そうして得られたノウハウは、集客コンサルの現場で「商品サービスの魅力」を伝える技術として発揮しています。
カテゴリー: クチコミ パーマリンク